「全品・P5倍!」【第2類医薬品】クラシエ漢方 45包×10箱 [宅配便・送料無料] 小建中湯-第二類医薬品

全国のレストランを条件・目的から探す

「全品・P5倍!」【第2類医薬品】クラシエ漢方 45包×10箱 [宅配便・送料無料] 小建中湯-第二類医薬品

商品説明「クラシエ 小建中湯エキス顆粒 45包」は、漢方の古典といわれる中国の医書「傷寒論(ショウカンロン)」「金匱要略(キンキヨウリャク)」に収載されている薬方です。質虚弱で疲れやすく、頻尿を伴う子どもの夜尿症に効果がありますです。慢性胃腸炎で胃腸が弱く、緊張したときに腹痛があったりする人に多く用いられます。顔色がすぐれず、よく動悸がする人の疲れやだるさに効果があります。医薬品。
使用上の注意●してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります)
次の人は服用しないでください
生後3ヵ月未満の乳児

●相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)悪心・嘔吐のある人
(4)高齢者
(5)今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことのある人
(6)次の症状のある人:むくみ
(7)次の診断を受けた人:高血圧、心臓病、腎臓病
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください
(1)服用後、次の症状があらわれた場合
関係部位症状
皮 ふ発疹・発赤、かゆみ
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください
症状の名称症状
偽アルドステロン症尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛等があらわれる
(2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合
3.長期連用する場合には、医師又は薬剤師に相談してください
効能・効果体質虚弱で疲労しやすく、血色がすぐれず、腹痛、動悸、手足のほてり、冷え、頻尿及び多尿などのいずれかを伴う次の諸症:小児夜尿症、夜なき、小児虚弱体質、疲労倦怠、神経質、慢性胃腸炎
用法・用量次の量を1日3回食前又は食間に水又は白湯にて服用。
年齢1回量1日服用回数
成人(15才以上)1包3回
15才未満7才以上2/3包
7才未満4才以上1/2包
4才未満2才以上1/3包
2才未満1/4包

**用法・用量に関連する注意**
(1)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)1才未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、止むを得ない場合にのみ服用させてください。
成分・分量成人1日の服用量3包(1包4.05g)中、次の成分を含んでいます。
桂枝加芍薬湯エキス粉末M:1.6g (ケイヒ・タイソウ各2.0g、シャクヤク3.0g、カンゾウ1.0g、ショウキョウ0.5gより抽出)
粉末飴:10g
添加物として無水ケイ酸、ステアリン酸Mgを含有する。

**成分に関連する注意**
本剤は天然物(生薬)のエキスを用いていますので、顆粒の色が多少異なることがあります。
保管および取扱い上の注意(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)使用期限のすぎた商品は服用しないでください。
(5)1包を分割した残りを服用する時は、袋の口を折り返して保管し、2日をすぎた場合には服用しないでください。
小建中湯(ショウケンチュウトウ)/漢方薬とは体質虚弱で疲れやすく頻尿を伴う子どもの疲労倦怠、神経質、慢性胃腸炎、小児の虚弱体質・夜尿症・夜泣きなどに利用されます。夜尿症や慢性胃腸炎で胃腸が弱く、緊張したときに腹痛のある人の腹痛をやわらげ、胃腸の調子をよくします。また、体力をつけ、体を丈夫にする働きがあります。漢時代の傷寒論および金匱要略という古典書で紹介されている処方です。
広告文責株式会社福田薬局 薬剤師:福田晃

利用シーン
営業日・時間
空間・設備
ロケーション
料理・ドリンク
サービス

「全品・P5倍!」【第2類医薬品】クラシエ漢方 45包×10箱 [宅配便・送料無料] 小建中湯-第二類医薬品

「全品・P5倍!」【第2類医薬品】クラシエ漢方 45包×10箱 [宅配便・送料無料] 小建中湯-第二類医薬品

  • 02位

    ゆうじ - 料理写真:レバー と ハツ のステーキ (大根オロシと葱をのせて)

    ゆうじ (361)

    (東京都 / ホルモン)

    点数:
    4.13

料金比較

電力自由化スタート!価格.comでお得な電気料金プランが選べる!

価格.comキャンペーン実施中

電気料金比較の詳細はコチラ

ページの先頭へ